Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

3年10か月ぶりの

June 1, 2017

2013年8月以降、3年以上もの間このブログを放置していたことに気づいた。その間、自身の仕事上の変化などで忙しかったということもあるが、自分の中で藤子不二雄に関して特に大きなアクションをとっていなかったというのもあっただろう。久しぶりに過去の記事を読み返してみると、やっぱり自分は藤子不二雄が大好きなのだなと改めて感じた。その思いはこの先も生きている限り変わらないと確信している。このブログも定期的に継続していきたいと思う。

さて、空白の期間も全くノーチェックだったというわけでもない。その期間にあった、気になったことについてざっと挙げてみたいと思う。詳しく書きたいネタもあるかもしれない。

2013年
・『プロフェッショナル 仕事の流儀 漫画家・藤子・F・不二雄 僕は、のび太そのものだった』放送
・映画ドラえもん累計観客動員数1億人突破
2014年
・『STAND BY ME ドラえもん』公開
・藤子不二雄A先生生誕80周年
・ドラえもんハワイ初上陸









































2015年
・藤子A先生連載休止、入院
・藤子スタジオアシスタント日記~まいっちんぐマンガ道~発売

2016年
・アメトークのび太のパパママ芸人放送

2017年
・サラリーマン佐江内氏ドラマ化
・笑ウせえるすまん放送
・まんが道大解剖発刊
・むぎわら先生『ドラえもん物語』執筆

2015年に藤子A先生がジャンプSQで『PARマンの情熱的な日々』の休載を発表し、入院したというニュースはここ最近で最も心を揺さぶられるものだった。いつかはこういう日が来るとは思ってはいたが、ショックは大きく、当時の落ち込みようは相当なものだった。現在はイベントにも顔を出され、ビッグコミックの連載(漫画ではないが)もされているのでまだまだお元気な様子が伺えるが、あまり無理をせず、お身体を大事にされてほしいと願うばかりである。

この間、漫画界の大御所やなせたかし先生と水木しげる先生の訃報や、長寿漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出書』『あぶさん』『あさりちゃん』などの連載終了といったニュースがあったことも思い出される。

今年は近年に比べてメディアでの両藤子先生の露出が多いように感じる。そいうった状況が私を再びブログに呼び戻してくれたのかもしれない。思えば、今までの人生の中でも藤子先生にのめり込んだ時期、少し距離を置いていた時期が周期的に繰り返されてきた。また、心躍るようなサイクルに突入しつつあるのかもしれない。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
二刀流.gif