Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

もう少し見てみたかった『みきおとミキオ』

March 7, 2012

遠い昔に読んだことはあるはずだが、まだ話の内容も理解できない幼い頃だったため、今回が初見といってもいいだろう。

「もう少し続きが読んでみたい」

というのが一番の感想だ。日常と異世界の融合が一つのフォーマットとなった藤子作品の中でも、ひときわ違った珍しい作品だ。日常に異世界のキャラクターが入り込むもの、異世界を舞台に日常をやるものとあるが、そのどちらもが一つの作品につまっている。世界が2つ、主人公キャラも2人というスケールの大きな設定だけに、1冊分だけの内容で完結してしまったのが残念だ。ミキオの現代での生活ももっと見てみたかった。

ただ、『ドラえもん』でのび太がセワシのインベーダゲームに付き合わされた話が好きだったので、同じような未来世界の描写を楽しみながらワクワクして読むことができた。ジャイアンとスネ夫にミサイルを撃ち込んだような洞窟が話のポイントとなっているのも面白い。

未来と現代の行き来からくる面白さ、おかしさを淡々と笑う作品という印象が強かったが、それだけにミキオの病気を治してあげたい一心で思い切った行動に出るみきおと、それを黙って受け止める未来のマリちゃんが印象深かった。
話を重ねるにつれ、徐々にお互いに不信感を抱くようになるところも興味深いが、さすがに短編『ふたりぼっち』のような深いところには触れられておらず、児童誌らしいラストになっていて拍子抜けしたというか安心したというやら・・・

サブキャラクターのポンチが女の子というのもこの作品の特別性を際立たせていると感じた。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
二刀流.gif