2020年3月に閉館となる青梅赤塚不二夫会館。「昭和のまち」を盛り上げてきた手描きの映画看板も徐々に撤去され、青梅の街はその姿を変えつつある。